自分史上最高に綺麗な自爪になりたい方へ「最強のネイルケアコース」スタート

噛み爪、深爪をスカルプチュアで緩和します♪

深爪、爪が小さい、噛んでしまうなどでお悩みの方はいませんか?

深爪すぎてネイルサロンで施術をお断りされた経験がある方もいらっしゃるかもしれませんね。

ジェルをつけたり、ネイルケアをサロンと二人三脚で頑張ったり、近頃は爪を育てるさまざまな方法があります。

3ヶ月の集中ネイルケアで自爪育成をしたい方はこちらの記事を参考になさってください!⬇

最強のネイルケアメソッド期間限定モニターさま募集
こんにちは😊 久しぶりに新しいメニューを導入することにいたしました。 「最強のネイルケア」って皆様知っていますか?今日は最強のネイルケアメソッドでどのようなことができるのかご紹介いたします。 最強のネイ...

 

シンプルなネイルケアで地道に伸ばしていくのも、お悩みの根本から解決するための素晴らしい方法です。

でも今回は「今すぐ長さを出してジェルでデザインをつけてほしい」という場合のメニューをご紹介いたします。

お客様のご協力により、Beforeお写真を撮らせていただきました。

このくらいの短さだと、スカルプチュアの施術を断られてしまうというケースもあるかもしれません。

お爪の白い部分がなさすぎると、スカルプチュアをつける際に必要なネイルフォームという土台の装着が難しくなるためです。

他のサロン様で断られてしまったという方も、ぜひ一度Solueにご相談くださると嬉しいです。

傷があったり、出血しているというケース以外であれば、おそらくどんな状態のお爪でもスカルプチュアをつけることができます。

つけることはできます!が、もちの良さは、やはりお客様の普段に指先の使い方依存になってしまうところもありますので、扱い方などはきちんとご説明させていただいております。

上の方の、Afterのお写真です。

ご希望の長さまで出すことができました!

自分の爪が小さいほど、アクリルスカルプチュアを支えている接地面が小さくなります。その分、自爪(アクリルとの接地面)が受ける負担は大きくなります。

慣れているかにもよりますが、自爪の2倍までの長さにおさえるのがオススメです。

 

自分の深爪の状態だとどうなのー??という方はぜひ気軽にLINEでご相談ください。その際にお写真を送信することもできますので、気になる方は写真を送ってお問い合わせくださいませ♪

LINEでお問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました